最終更新日 2017年05月18日
カブシキガイシャダイマツ

株式会社 ダイマツ

氷温を活かし、おいしくて健康によい食べものづくり

会社の紹介!
本社 航空機、国際線機内食(ファーストクラス)に採用された、氷温づくり あじのまろやか南蛮漬
添加物に頼らず、素材の持つうまみを十分に活かす氷温技術を応用し、湯煎やレンジで暖めるだけで簡単にお召し上がり頂けるお魚惣菜など、水産加工品を中心とした氷温食品の開発、製造、販売を行なっています。
社長・上司からのメッセージ!、社員からのメッセージ!
私たちは、この世に生を受けてから、今日まで、両親の暖かい愛情と、私たちを大きく包んでくれる大自然の慈しみに育み育てられてきました。命の源である空気や水、田や畑から収穫される農作物、海や川から獲ってきた魚介類・・・私たちはこれら大自然の恩恵に深い感謝の念を持って、ごく自然に享受してきました。しかし、高度な物質文明の進展に伴い、ともすればその本質を忘れがちになっていた私たちの食文化について、今、改めて、これら自然の恩恵と一体になっていた筈の私たちの生活を見直してみることが大切であると強く感じています。ダイマツの前進である松江商店が昭和33年に創業した当初より「世界一うまい魚をつくる」を一貫した経営理念として、このテーマに対し本気かつ真摯に精進して参りました。そして、鳥取県が世界に誇る氷温技術との出会い、そしてそれを積極的に導入する事により、このテーマに対して高い評価を頂くまでになりました。今後も尚一層ダイマツは「世界一うまい魚をつくる」ことに徹底してこだわり、高き志と尊き使命に情熱を傾けながら、従業員一同一致団結し、日本の、さらには世界の健康づくりに貢献する決意でございます。
                                代表取締役 社長 松江 大志
安全で安心でき、おいしくて健康に役立つ食べものづくり。これがダイマツの基本です。
私達は変えてはならない基本を守りながら、お客様にもっと喜んで頂ける商品づくりに全社一丸となりチャレンジし続けています。
広報 (新卒者採用担当) 本城 浩昭
アピールポイント!
事業内容 鳥取県で生まれた氷温技術を活かし、地元境港や、世界各地からの魚を主原料に水産加工品を中心とした氷温食品の開発、製造、販売を行なっています。
福岡県博多市には博多工場があり、氷温熟成辛子明太子を生産しています。
設立 昭和50年(1975年)1月
資本金 5,000万円
従業員数 男48名 女165名 (計213名)
売上高 400,000万円
代表者 代表取締役 社長 松江 大志
本社 〒683-0845鳥取県米子市旗ヶ崎2026
事業所所在地 ・旗ヶ崎工場(米子市) ・博多店、博多工場(福岡県) ・関西営業所(大阪府)
ホームページ http://www.kk-daimatsu.co.jp/
採用情報

新卒

募集卒業予定年 エントリー 詳細
2018年卒業予定の方 受付中 採用情報へ

一般

職種 雇用形態 年齢 詳細
営業事務 ≪急募≫ 正社員 ~30歳 採用情報へ
営業(ルート営業) 正社員 ~40歳 採用情報へ
商品のピッキング・配送及び、冷凍庫内整理 パート労働者 不問 採用情報へ
生産スタッフ/長期(お魚惣菜の製造) パート労働者 不問 採用情報へ
生産スタッフ/短期(お魚惣菜の製造) 正社員以外 フルタイムパート 不問 採用情報へ
食品会社の品質管理部門での管理職(課長級・係長級相当) 正社員 ~59歳 採用情報へ
食品会社での品質管理部門スタッフ/長期 正社員以外 フルタイムパート 不問 採用情報へ
企業一覧へ