最終更新日 2017年03月15日
カナツギケンコウギョウカブシキガイシャ

カナツ技建工業 株式会社

人を活かす経営こそが企業が担う社会的責務

会社の紹介!
     2
カナツ技建工業㈱本社屋 管理者研修風景
当社は経営信条に則り、日々変転する社会の新たなニーズに応え地域社会に貢献するため、独自技術(ノウ・ハウ)を提供できる技術本位の経営に努めています。
①当社は社員こそ会社の最重要資源であるという基本認識に立ち、「個人」のもつ潜在能力が最大限発揮され、意欲を持って仕事ができるよう「個人」の意思と適性、能力を調和させた人材育成制度により能力アップを図ります。
②「ヤル気」と「能力」さえあれば年齢は関係ありません。公正な能力評価システムにより、仕事のできる人は適正に評価され、年齢に関係なく幹部候補として重要ポストに配置されます。
社長・上司からのメッセージ!、社員からのメッセージ!
今、時代の変革期あたり、公共事業中心の総合建設業から社会的有用物の創造という大きな視点に立って、環境・資源、健康、高齢社会などに着目した新しい市場の創出をはかりながら 大きく事業転換を図っていかなければならないと考えています。
その際のポリシーは人々の感性に訴え、安心・安全・癒しをキーワードとして、さらに心の充実感や幸福感をもたらす社会的価値のある製品づくりやサービスの提供です。これらを生み出すのは言うまでもなく「人」です。企業間の競争が一段と激化するこれからは、今まで以上に積極性や創造性に優れ、仕事に対し情熱をもち挑戦意欲旺盛な人材が求められることになります。
したがって、社会から必要とされる魅力的な企業になるため、少子高齢化に向けての人材戦略が経営上ますます重要な意味を持つということになると思います。
私は、社員こそがもっとも大切な経営資源であるという基本認識に立ち、「人を活かす経営」という経営基本方針を具現化するため、その保有する能力を最大限に発揮できる人事システムのもとで社員の能力開発と人格形成を行うことが、企業の社会的責務と考えています。
そして、社員が心豊かな充実した人生をおくりながら、それぞれの夢を実現できる、そんな自己実現の場を提供できる企業づくりが私のめざす経営理念です。
私は入社後、設計を主として施工・積算も学んでいます。地場の中小企業では一人が多岐に亘って機能しなければならず、広く浅く学ぶことは大変ですが、その分少しずつ知識が増え、ひとつひとつの事柄が一本の線で繋がって理解できた瞬間は非常におもしろさを感じます。
やりがいのある仕事に就くことができ、本当によかったと感じています。
代表取締役社長 金津任紀 設計担当 坂田由香
アピールポイント!
海岸清掃ボランティア:毎年、社員や家族が、海水浴場の清掃や宍道湖の景観を守るための美化活動にボランティア参加。社員のボランティアへの関心を高めるきっかけになっています。 社内運動会:「人の和」を大切に豊かな人間形成を目指し、体育文化活動を幅広く支援することで、社員一人ひとりが心豊かで生きがいを感じて毎日を過ごせるよう、福利厚生面での配慮が行き届いています。
事業内容 土木・建築・水処理施設工事の設計並びに施工業務、水処理場・汚水処理場・浄水場・浄化槽等の運転維持管理の受託業務並びに技術指導業務。
設立 1954年4月14日
資本金 10,000万円
従業員数 男220名、女22名(但し、出向者を除く)
売上高 77億円
代表者 代表取締役社長 金津任紀
本社 〒690-8550島根県松江市春日町636番地
事業所所在地 広島・鳥取各営業所
ホームページ http://www.kanatsu.co.jp/
採用情報

新卒

募集卒業予定年 エントリー 詳細
2018年卒業予定の方 受付中 採用情報へ

一般

現在、一般採用情報は登録されておりません。
企業一覧へ