最終更新日 2017年03月01日
ミツビシマヒンドラノウキカブシキガイシャ

三菱マヒンドラ農機株式会社

旧三菱農機から、外資系農機メーカー「三菱マヒンドラ農機」へ

会社の紹介!
創業し1世紀を迎え、2015年10月には社名変更を行い、新たなるステージへ突入。事業環境変化のスピードが加速する中、更なるグローバル企業として成長する過程を一緒に楽しみ、創り上げませんか。学生の皆様、お待ちしております。 モノづくりへのこだわり。先輩達の経験、技術力を受け継ぎ、発想・想像・新技術をカタチにする。
当社は、1914年に佐藤忠次郎によって創業し、1世紀の節目を迎え、2015年10月、トラクタ生産台数世界トップの印マヒンドラ&マヒンドラ社との資本提携を行いました。マヒンドラ&マヒンドラ社の製品開発力、コスト競争力のある生産力、世界で第一級の販売網を持つグローバル展開力と、三菱重工グループの持つ技術力とブランド力を最大限に活かしながら、島根県より国内・海外へ農機事業を展開しています。
社長・上司からのメッセージ!、社員からのメッセージ!
技術者の仕事は幅が広い。「図面と向き合うだけ」は、技術者の仕事とは言わない。鉛筆、電卓やCADを駆使するのと同時に、スパナ、グラインダー等の工具も握る。試作組立、量産立ち会い、お客様との意見交換。我々は常に現場を意識し、自分で仕上げた図面を、更に磨き上げる。そしてカタチとなる。技術者としてのモノづくり醍醐味が味わえます。それが三菱マヒンドラ農機開発設計部門を支える技術者です。 私の入社した動機は、人が生きていく上で農業は必要なことで、無くなることはない。食を支える一員として世の中に貢献したいと思い、自らの専門性を活かせる農業機械分野への関心を抱きました。そして学生時代に工場見学で訪れ、自分の目で会社を確かめた結果、モノづくりへの憧れがより一層強まり、入社を決めました。入社後、自分で農業を始め、自然とふれ合い農業の楽しさ、重要性を感じつつ、また技術者として自分の図面がカタチになること、商品を使っていただくお客様の喜ぶ笑顔をみたときには、大きなやりがいを感じてます。モノづくりに対し興味のある学生の方にはお勧めできる企業です。
開発設計部門 技術者 開発設計グループ 安部俊輔 2005年入社
アピールポイント!
社外より講師をお招きし、週2回の英会話教室で語学力アップに励んでいます!受講者は全員が社員なので、気軽に英会話しています。とてもアットホームで、勤務中なのに笑顔が絶えない楽しい時間です。また、クラブ活動もあります。特にボート部は大会でも上位に入る凄腕。自然の中で、力の限りオールを漕ぎ、汗を流し、声を出し、ご飯を食べたりと、とても楽しい休日を過ごすことができます。部員を募集してます。
社内で英会話教室 三菱マヒンドラ農機ボート部。力の限り漕いだあとの、お米はうまい!
事業内容 農業機械(トラクタ・耕うん機・管理機等整地機械、田植機、野菜移植機等栽培用機械、コンバイン・バインダー・ハーベスタ等収穫調整機械、その他農業機械の開発)の販売、及び修理等
設立 1980年
資本金 45億1万円
従業員数 単体:260名 連結:1,650名 
売上高 連結:520億円
代表者 CEO取締役社長 末松正之
本社 〒699-0195島根県松江市東出雲町揖屋町667-1
事業所所在地 国内:島根、埼玉ほか全国各地
海外:米国
ホームページ http://www.mam.co.jp
採用情報

新卒

募集卒業予定年 エントリー 詳細
2018年卒業予定の方 受付中 採用情報へ

一般

職種 雇用形態 年齢 詳細
開発設計 正社員 ~35歳 採用情報へ
品質管理 正社員 ~35歳 採用情報へ
営業技術 正社員 ~35歳 採用情報へ
営業事務(英語の通訳・翻訳) 正社員 ~35歳 採用情報へ
技術英語の通訳・翻訳 正社員 ~35歳 採用情報へ
総務(英語の通訳・翻訳) 正社員 ~35歳 採用情報へ
企業一覧へ