最終更新日 2017年03月06日
カブシキガイシャアイコミュニケーション

株式会社アイ・コミュニケーション

地域の人々の暮らしが豊かになるようなITの利活用を目指します。

会社の紹介!
双方向告知通信システム「知らせますケン」(左上)
クラウド型ソーシャルサービス「知らせますケン2」(右下)
コミュニケーションボード「LeChien」
【双方向告知通信システム「知らせますケン」】従来の告知放送は音声放送のみで片方向でしたが、「知らせますケン」は音声のみでなく文字や画像つきで放送し、双方向機能を搭載しています。またテレビ電話機能も搭載しており、一人暮らしの年寄りやハンディを持った方でも簡単に会話でき、地域のコミュニケーションをより高めることができます。タッチパネルを利用し、医療福祉や買物支援サービスなど、新たなサービスも行っており現在46自治体86,000世帯に導入されています。
さらに、新商品として、端末に依存しない「知らせますケン2」も発売中です。

【コミュニケーションボード「LeChien」】知らせますケンと姉妹品です。知らせますケンは有線タイプ、ルシアンは無線・有線両方に対応しています。基本機能は同等です。
おもに法人・個人に販売中です。
社長・上司からのメッセージ!、社員からのメッセージ!
当社では、子どもからお年寄りまで簡単に扱えるパネル式テレビ電話端末を使用し、告知やテレビ電話を通して住民同士や自治体同士のコミュニケーションの向上を図ることで、地域の人々の暮らしが豊かになる事を目指しています。

私が働きながら感じているのは、大切なのは「考える力」だということです。最新鋭の技術やデザイン等よりも、相手が求めているものを探すことです。当社のサービスは時には流行と逆行することもあれば、相手の要求を受けないこともあります。相手の要求は表面的・一時的なものであることもあるし、相手自身も最終的にどうなりたいのか分からない場合もあるからです。その上で謙虚に考えを重ね、様々な側面から情報収集・検討し、相手の納得する形にもっていくところが当社での仕事のやりがいであり、特徴だと思います。

また、当社サービスの導入先は県外の自治体も多く、仕事でなければ一生訪れないような地域へ出かけたりもします。様々な立場・世代・考えの方と触れ合うため、自分のこだわり・既成観念を超えて成長していける会社だと思います。
私は2016年4月に新卒採用で入社しました。私が所属している制作課は、告知通信システムの配信コンテンツ作成、企画、提案などの仕事を行っております。お客様の目に直接触れるコンテンツを自分で作成し、実際に配信された画面を見ると、自分の仕事に誇りとやりがいを感じます。
入社した頃はIT系の企業ということで、仕事をきちんと覚えられるか不安でしたが、未経験でも周りの先輩からのサポートがあるため、しっかり技術を身に付けていくことができます。まだまだ分からない事も多いですが、上司や諸先輩方のおかげで充実した毎日を送っています。
制作課 入社7年目 制作課 平成28年4月入社
アピールポイント!
年に数回、全社員で社屋周辺の草刈を行います。その後、見晴らしの良い社屋でバーベキューを楽しんでいます。
お花見(松江城) バーベキュー(社屋)
事業内容 双方向告知通信システムの開発、販売
テレビ電話端末を利用した各種サービスの提供
デジタルコンテンツの企画、制作、販売、および配信
コンピュータソフトウェアの開発、販売
有線テレビジョン放送施設の企画設計コンサルタント
設立 平成20年4月1日
資本金 208,375,000円
従業員数 21名
売上高 3億円(2016年3月実績)
代表者 代表取締役 目次 真司
本社 〒690-0816島根県松江市北陵町46番地4
事業所所在地 東京
ホームページ http://www.i-communication.co.jp
採用情報

新卒

募集卒業予定年 エントリー 詳細
2018年卒業予定の方 受付中 採用情報へ

一般

現在、一般採用情報は登録されておりません。
企業一覧へ