最終更新日 2017年03月27日
カブシキガイシャワコムアイティ

株式会社ワコムアイティ

「喜びを創造する」

会社の紹介!
本社(ソフトビジネスパーク島根) サイン認証
 ワコムアイティは島根県松江市に本社を構え、東京オフィスとの2拠点で事業を展開しているシステムインテグレーションの会社です。仕事の内容は、RubyやJAVAなどを使ったWebアプリケーション等システムの開発・運用保守や、ペンタブレットなどを利用した手書きソフトウェアの開発、Webサイトやデジタルコンテンツの制作を行っています。また最近では手書きのサインで行う認証技術の研究開発に取り組んでいます。私たちの知恵と技術で、私たちにしか出来ないユニークな製品を創り上げることを目指しています。
社長・上司からのメッセージ!、社員からのメッセージ!
ワコムアイティの社是は、「喜びを創造する」です。
これは、お客様に喜んでいただけるシステムやしくみを少しでも多く提供するということです。
わたしたちが、システム構築のお手伝いをさせていただく中で一番のやりがいを感じるのは、お客様が笑顔になっていただいた時です。
お客様からいただく笑顔や言葉が、わたしたちのエネルギーの源となっております。
わたしたちが持っているシステム的な技術と業務におけるノウハウを余すことなく発揮することはもちろん、時にはお客様の思っておられることとは別のご提案をさせていただくこともあります。それらは、最終的にはお客様に笑顔になっていただくことを念頭においております。
それらの実現のために、社員一人ひとりがチャレンジする気持ちを持ち続け、お客様の立場にたって動ける組織を目指しております。
ITを通じて、喜びを創造し、社会の発展に今後も貢献できる会社としてまいります。
創業者でもある、多久和、今岡が22年に渡り築いてきたワコムアイティの更なる企業価値を高めるような経営をしていきたいと思います。
皆さまには是非期待をしていただくと共に、引き続きご支援をいただけますようお願い申し上げます。
 IT系の企業というと、プログラミングがバリバリ出来る人が入社するイメージがあるかもしれませんが、全くそんなことはありません。未経験でも研修やOJT、周りの先輩からのサポートがあるため、しっかり技術を身に付けていくことができます。

 まず入社後におよそ2ヶ月の研修期間があり、そこでしっかり基礎を学べます。その後にOJT期間があり、簡単な部分から徐々に難しい部分へ、段階を踏んで実際の開発に参加します。研修で学んでいても、実際の開発になるとわからないことの方が多く、戸惑いが大きいかもしれません。しかし、分からないところは自分で調べる時間を取ることができますし、それでも分からないときは先輩にサポートしてもらえます。そうして徐々に技術を身につけてから、本格的な開発に参加するようになります。

 私は入社までRubyでの開発経験がありませんでしたが、こうやって段階を踏んで開発に参加していった結果、現在のプロジェクトではしっかり開発のメンバーとして数えて頂けています。

 経験があることはプラスになりますが、未経験なことは決してマイナスにはなりません。やる気を持ってしっかり取り組めば、1年目でもしっかり認めてもらえる会社です。未経験な方も経験のある方も、私達と一緒にやる気を持って取り組んでいきましょう。
      2
代表取締役 福光 靖 システム開発グループ 桑原 秀樹 (2014年4月入社)
アピールポイント!
 「社員の社会参加を奨励し、地域に貢献する企業となる」という会社の目標があります。そのため「もう一役運動手当」という制度があり、直接仕事には関係ない社外の活動(たとえばPTAの役員、地元の消防団に参加…など)を行っている社員に、毎月会社から手当が支給されます。
   2       2
本社での打合せ 東京オフィス
事業内容 ■システムインテグレーション:
 業務システムの提案、設計、構築から導入後の運用までをサポート
■ペンソフトウエア開発:
 ペンタブレットを使った手書きソフトウェアの開発や、スマホ・タブレットを利用したサイン認証技術の研究開発
■デジタルコンテンツ制作:
 Webサイトや様々なデジタルコンテンツの制作
設立 1993年4月1日
資本金 4,900万円
従業員数 54名(2017年1月現在)
売上高 3.5億円
代表者 代表取締役 福光 靖
本社 〒690-0816島根県松江市北陵町43
事業所所在地 東京支社:〒105-0014 東京都港区芝2-5-19 ITOビル
ホームページ http://www.wacom-it.co.jp/
採用情報

新卒

募集卒業予定年 エントリー 詳細
2018年卒業予定の方 受付中 採用情報へ

一般

現在、一般採用情報は登録されておりません。
企業一覧へ