最終更新日 2016年08月24日
ユウゲンガイシャカワシマノウグセイサクショ

有限会社河島農具製作所

常に最適設計を目指し、柔軟な思考でお客様が望まれる価値(高品質・高信頼・安全安心・低コスト)を創造・提供します。

会社の紹介!
写真左手方向に、交通の要所であるJR西日本「米子」駅があり、駅から弊社まで徒歩3分です。 中小河川管理をしている国土交通省の中国地方整備局からご相談があり、弊社開発部にて企画・開発し完成した商品です。弊社の主力商品である乗用ローンスイーパーで実績あるコア技術を応用・展開し、試行錯誤を繰り返し完成させました。すでに中国地方及び東北地方の河川敷で活躍していて、河川敷管理作業の省力化に大いに貢献させていただけている商品であると自信をもっています。
大正7年(1918年)の創業以来、中小企業の強みを最大限に生かしながら、国土交通省型式認定小型特殊自動車、圃場内「動力運搬機」、果樹園用「高所作業機」、圃場内「高床野菜運搬機」、芝生生産車・管理者用「乗用ローンスイーパー」などの農業機械分野を主体としたオリジナル省力化商品の企画・開発から生産まで一貫した体系で事業展開し、自社ブランドのほか、9割以上を大手メーカーのオリジナルブランドとしてOEM供給して日本国内はもとよりヨーロッパや東南アジアなど海外向けに販売しています。
社長・上司からのメッセージ!、社員からのメッセージ!
少しでも農家のお役に立ちたい・・・そんな気持ちがわが社の製品にはぎっしり詰まっています。畑に堆肥を運びたい、収穫したものを自宅まで運びたい、果樹園で高いところのリンゴ、桃を収穫したい、でも梯子では危なくて無理、後継者もいない・・・そんな農家のお悩みにお応えできる機械が何かできないだろうか?少しでも喜んでいただける商品ができないだろうか?少しでも農業機械に関心があり、自分たちが作った商品が農家のお役に立つことで一緒に喜びを感じたいと思う人は、ぜひわが社に関心をもってください。わが社の品質方針は『グローバルな視野と確かな技術でお客様に安心と信頼される商品及びサービスを提供する』です。この品質方針を基礎にし、農家の皆様に安全で楽ができると喜んでもらえる機械をこの米子から日本全国、そして国外に向けて一緒に発信しませんか?ご応募お待ちしています。 河島農具製作所という社名から連想されるイメージは簡単に裏切られました。実際は農業の省力化機械を主に設計から製造、販売まで行っている会社です。国内はもとより遠くはヨーロッパの方にも自分たちが設計した製品が輸出されています。現在、わが社の製品は、芝の機械、果樹園の高所作業機、運搬車の三本柱です。運搬車には、公道で乗車運転できる小型特殊自動車や電動運搬車などがあります。開発部門では、3D-CADを用いて設計を行い、自分たちで試作・試験を行い、製造部門では、機械加工から溶接、塗装、組立まで一貫体系で量産しています。機械加工はレーザー加工機などの最新鋭の工作機械、溶接ではロボット溶接、塗装では自動静電塗装、組立ではコンベアライン生産を実施し、効率よく生産されています。また品質を更に向上させるためISO9001を取得し、全社あげて品質管理に努めています。先輩方も、情熱のある方が多く、困ったときには気軽に相談にのっていただける方ばかりです。物作りに興味ある方、一緒に農家に喜ばれる機械を作りませんか。
開発部/品質管理部・取締役開発部長兼品質管理部長  加藤 健二 開発部/総合技術職(開発)  松本 知明・平成20年入社・40歳
アピールポイント!
私たちの生み出す商品は何よりも現場力に裏付けられるあきらめない技術開発が命です。その技術開発の意志が100%商品に現れるよう、商品が誕生するまでのすべての過程において一貫生産システムを構築しています。機械加工、溶接、塗装、組立というさまざまな生産工程の高い製造能力とオールカワシマ品質マネジメントシステムに沿った品質管理により安定品質と安定生産、さらに高能率や省力化を目指した合理化に注力しています。国際品質規格ISO9001の認証を取得した品質に対する妥協しない姿勢は、グローバルな視野と確かな技術でお客様に安心と信頼され、地球環境にも配慮した商品・サービスをご提供するという大切な使命の表れです。
高品質を保証する最新鋭の機械設備です。 最新鋭の3次元CADを活用しています。
事業内容 昭和55年(1980年)から は国土交通省型式認定小型特殊自動車の製造を開始、農業機械製品を中心として、独自に企画・開発したオリジナル製品を一貫生産しています。自社ブランド製品として中国五県の全農JA向け販売するほか、大手メーカーのオリジナルブランド製品としてOEM製品供給し、日本国内はもとよりヨーロッパや東南アジアなど海外向けにも販売、企画・開発・生産に特化しつつ、世界のお客様に安心してお使いいただける比類のない独自の体制を敷く最終製品(完成車)メーカーです。
農業は、一見すると機械化や自動化が進んでいると思われがちですが、園芸作物(野菜、果樹、芝など)分野はもちろん、稲作分野でも手作業に頼らなければならない仕事が数多く存在しています。それらは農業以外のさまざまな分野にも多数存在するのを目の当たりにし、私たちはお客様のご要望をよそでは作られない商品でかなえて差し上げることに大いに手ごたえを感じています。売れる商品を作るのではなく、要望をかなえて差し上げる商品を作ることが、モノづくりの醍醐味であり弊社の戦略・ビジョンです。
私たちは、農業機械分野に留まらず、少数の生産台数でも高品質をお望みの数多くのお客様のオンリーワンメーカーとして、さまざまなご要望にお応えして魅力ある高付加価値商品を勢力的に作ってまいりたいと考えます。
設立 1918年
資本金 4754万円
従業員数 86人
売上高 非公表
代表者 代表取締役社長 河島 隆則
本社 〒683-0064鳥取県米子市道笑町2-61
事業所所在地 本社のみ
ホームページ http://kawashima-group.com
採用情報 現在、採用情報は登録されておりません。
企業一覧へ