最終更新日 2017年07月05日
カブシキガイシャエムシーセキュリティ

株式会社MCセキュリティ

島根在住 VS 世界

会社の紹介!
                2
MCSの採用キャッチコピー。
「世界中のハッカーたちから企業の情報を守る」
という気概が込められています。
メーカーの心臓部である開発チームの平均年齢は26歳。
若い技術者たちが世界中のハッカーたちから
企業の情報を守るべく奮闘しています。
■累計販売台数は5万台を突破!独自のネットワークセキュリティ製品で企業の情報を守ります
株式会社MCセキュリティは2006年に設立した、島根県に本社を置くネットワークセキュリティ製品のメーカーです。
主力製品の「NetStableシリーズ」は2006年の発売以来、販売累計台数は5万台を突破しました。現在も、国内外の企業と提携しながら成長を続けています。

■島根に居ながら、全世界のハッカーに立ち向かう
現在、1ヶ月間で確認される新種のコンピュータウイルスは全世界で2万種にのぼり、ウイルス感染やサイバー攻撃による企業の情報漏えい事件が多発しています。企業の社会的信用を失いかねないこの深刻な問題に、私たちは独自のネットワークセキュリティ製品で企業に安全安心なネットワーク環境を提供するべく日々活動しています。

■高い定着率と平均年齢26歳の若い開発チーム
新卒・中途採用ともに高い定着率(会社設立時から離職者ゼロ)で、腰を据えて働くことができます。
28歳のチームリーダーを筆頭に開発メンバーは全員20代です。
オープンな社風のもと、実力を十分に発揮して将来の中核メンバーを目指してもらえます。
社長・上司からのメッセージ!、社員からのメッセージ!
高度情報化社会が進むにつれて、ITネットワークで管理される顧客情報や販売情報など企業の大切な情報が、サイバー攻撃・ウイルス感染の脅威に晒されています。
情報漏えいは、企業にとってこれまで培った社会的信用を失いかねない深刻な問題です。

株式会社MCセキュリティ(※以下MCS)は、安全で安心なネットワーク環境を実現することを目的に、2006年に設立をしました。
従来のセキュリティ製品は外国製が大半であり、マニュアルや管理画面も英語標記でわかりづらく、解析レポートもないため、導入効果を実感することもできませんでした
MCSが開発・製造・販売する《ネットステイブルシリーズ》は、自社で独自開発した、島根県産品指定第1号の純国産のネットワークセキュリティ製品です。
ネットワークへの不正侵入を防御していることをログと解析レポートで簡単に見ることができ、新しい脅威が来てもすぐに対応可能な高機能・低価格の製品として島根県内の企業はもとより全国の企業で導入されています。
会社設立から10年で国内累計販売台数は5万台を突破し、2016年12月には営業拠点として東京オフィスを開設しました。

現在、島根から大都市への人(若者)と金(大手企業の地方進出)の流出が止まりません。MCSは東京オフィス開設を契機に、東京という巨大市場で更にビジネスを拡大し、大都市から島根へ人と金を引っ張り込む気概で若い社員たちが活き活きと仕事に取り組んでいます。
≪島根をベース基地として全国、そして世界へ羽ばたきたい≫という好奇心旺盛な方はぜひ仲間になって欲しいと思います。
【担当している仕事は?】→「ネットワークセキュリティ製品の開発をしています。」
自社で独自開発した島根県産品指定第1号の純国産ネットワークセキュリティ製品「NetStableシリーズ」の開発チームに所属しています。 次世代のネットワークセキュリティシステムの開発に日夜奮闘する平均年齢26歳(開発リーダーは28歳)の若いチームです。

【仕事の好きな所は?】→「メーカーの心臓部である開発業務に携われることです。」
メーカーの開発といえば、入社後数年は決められた仕事をこなし、スキルアップしていくものだと思っていましたが、実際は早い段階から開発のコアな部分に触れ、開発の主役は上司や先輩だけじゃなく、自分も主役のひとりなんだと自覚しました。お客様や販売店の方に良い製品と思って頂くにはどうすれば良いのかを考え、それを自分の手で創れるということに充実感を感じます。
機器の設定、データ管理領域の開発を任せてもらった時は、欲しい機能や使い易さが自分だけではわからず、社内の方や販売店の方々に随分と助けてもらいました。思うように動かない部分があって、残業して修正するなど苦しい時もありましたが、リリース後に「お客様先での作業効率がすごく上がった。ありがとう。」と言われた時は本当にうれしかったです。

【MCSを選んだ理由は?】→「島根に居ながら、全国で通用する力を身につけることができると思ったからです。」
研究分野がネットワーク系だったこともあり、ネットワークセキュリティ分野での就職先を希望していました。
元々は県外志望だったので、東京で力を伸ばせる企業を探していましたが、母校の松江高専OBの方の講演を聞き、島根県でもネットワークセキュリティの企業があることを知りました。
その後OBの方にアポ取りをし、お話を伺っているうちに、地元で技術を高められる事、自由な社風で伸び伸びと開発を行っている事を聞き、この会社で力を伸ばしていきたいと感じました。
代表取締役社長 宮脇 和秀 開発部 野口 雅矢(2013年入社)
アピールポイント!
【快適なオフィス空間がクリエイティブな発想をサポートします】
JR松江駅から北へ約3km、のどかな丘陵地帯にあるソフトビジネスパーク島根にMCSの本社はあります。最新のIT設備を備え、ウッドデッキに面したカフェテラスも併設、四季の自然を感じながらの快適な空間は県外から視察に訪れる方もおられます。オフィスはゆったりしたワンフロアーの中で、全員が机を並べて仕事をしています。ソフト開発系の技術者というと、独立した空間で黙々とプログラミングをするというイメージがありますが、MCSには部署を仕切るパーテーションもありません。いつでもお互いの意見を反映させながら、セキュリティシステムを開発しています。
          1           2
社屋外観。ウッドデッキに面したカフェテラスも併設 ワンフロアーでパーテーションのないオフィス
事業内容 ネットワークセキュリティ製品の開発、製造、販売、保守
  ・ネットワークセキュリティアプライアンスの製造/販売
  ・Cloud連携サービス(管理/運用)
  ・システムアップデート/アップグレードサービス
  ・オプションサービス
  ・製品保守/サポートサービス
  ・ソフトウェアの開発
  ・ネットワーク解析/診断レポートサービス
設立 2006年2月10日
資本金 4,000万円
従業員数 13名
売上高 2億3千万円(2016年10月)
代表者 代表取締役社長 宮脇 和秀
本社 〒690-0816島根県松江市北陵町51-2
事業所所在地 ◆東京オフィス:東京都中央区日本橋大伝馬町2-8 BROS大伝馬ビル 2階
ホームページ http://mcsecurity.co.jp/
採用情報 現在、採用情報は登録されておりません。
企業一覧へ