最終更新日 2016年10月25日
シマネケンノウギョウシンヨウキキンキョウカイ

島根県農業信用基金協会

『未来を育む確かな保証』 私たち島根県農業信用基金協会が応援します

会社の紹介!
   dsc 1015
松江城のすぐ近く松江市殿町のJAビル別館2Fに事務所があります
農業信用保証保険法により昭和37年2月に創立された島根県を区域とする会員組織の公的信用保証機関です。
農業者等の方々の信用を補完し、経営改善等に必要な資金の円滑な調達を支援することを目的とし積極的に業務に取り組んでいます。
社長・上司からのメッセージ!、社員からのメッセージ!
農業信用基金協会は、農協等の融資を保証することにより、農業者等が必要とする農業資金や住宅資金等生活資金の融通を円滑にすることを目的としています。
保証という地味な業務ではありますが、債務保証を通じて農業の生産性の向上や地域経済の発展に貢献できる重要な業務です。
世の中が大きく変化していく中で、保証業務が経済において重要な位置づけとなっていくことが予想されます。こうした状況に対応していくために、専門分野にとどまらず、広い視野を持ち未知の領域に積極的に取り組める活発な人材を必要としています。

私は、平成24年4月に入会して以来、保証審査業務に携わっています。保証審査では、JA等の融資機関を通して県内の農業者等から申込みされた融資案件について、債権保全の観点から審査するものです。残念ながら、申込みのすべてを保証できるわけではありません。保証できない場合は、窓口である融資機関から理由を求められますから、保証審査をするにあたっては、なぜ保証でき、なぜ保証できないのか、論理的な判断をするよう意識しています。
 日常の業務は、申込案件の審査やJA等の融資機関からの質問への対応等、デスクワークが中心ですが、現地調査や面談等を行うこともあります。また、JA等の職員に対して行われる研修会の講師を担当することもありますので、知識だけでなく、コミュニケーション力も求められます。
 入会したばかりのころは右も左も分かりませんでしたが、それでも一週間もしないうちに担当案件を与えられました。上司の指導を受けながらも、即戦力として責任ある仕事を任せられるのは職員が十数人ほどの小さな職場ならではだと思います。法律など難しい知識も必要になりますが、研修や資格取得制度を通じて就職してからも学べる環境がありますので、安心してください。
参事 松下 秀夫 業務部 兒玉 圭史 H24.4月入会
アピールポイント!
JAビルの周りには、松江を代表する松江城をはじめ、堀川や宍道湖があり、四季を感じながら通勤できます。
また、県庁の前ということもあり交通の便も良く通勤にも便利です。
周辺にはスーパーや飲食店、コンビニなどがあり昼食には困りませんし、県庁やATM、郵便局なども徒歩圏内にあるのでとても便利です。
事業内容 ・農業資金及び生活資金(JAの住宅・車・教育等ローン)に係る融資の円滑化を図ることを目的に、県段階の農業信用基金協会と全国段階の独立行政法人農林漁業信用基金、一般社団法人全国農協保証センターにより、JA・銀行等金融機関の融資に係る保証業務を行っています。
・JAしまねと連携し、ローン審査・入金案内におけるシステム導入、県域JA店舗とのネットワーク構築など事務処理の迅速化・統一化を図り、利用者の利便性向上に努めています。
・当協会の保証実残高は1,496億円(H28.3末)であり、全国の基金協会の中でも上位に位置しています。
設立 昭和37年2月
資本金 4,472百万円
従業員数 15名(うち女性4名)
売上高 428百万円(平成27年度)
代表者 会長理事  石川 寿樹
本社 690-0887島根県松江市殿町19番地1
事業所所在地 島根県松江市殿町19番地1
ホームページ http://shimane-afa.ja-shimane.gr.jp/
採用情報 現在、採用情報は登録されておりません。
企業一覧へ